赤ちゃんの肌がカサカサになる前に!乾燥への対処法!

赤ちゃんの肌がカサカサになって、なんだか痒そう…。
そんな赤ちゃんを見ているだけでももどかしい気持ちになりますよね。

 

自分の事よりも心配になってしまう赤ちゃんのことだからこそ、知ってほしいことがあります。
赤ちゃんの乾燥肌はお母さんが予防してあげられるんです♪

 

 

 

★赤ちゃんの肌はとても敏感。

 

赤ちゃんの肌はいつ見てもプルプル?!と何時間でも触っていたいですよね♪
でも、乾燥肌に傾いている赤ちゃんの肌はその刺激すら肌荒れにつながるって知っていましたか?

 

湿度が低いと大人でも肌がカサカサしてくると思うのですが、産まれたての赤ちゃん以外の赤ちゃんは、大人よりも皮脂の量が少ないもの。
生後2ヶ月頃から皮脂の分泌は大幅に減っていくようです。

 

部屋が乾燥しているだけで、赤ちゃんの肌も一気に乾燥。乾燥肌になってしまうと、服がこすれただけでもすぐ肌荒れしてしまうんです。
もともと赤ちゃんは頬や顎などによだれが付きやすく、それも乾燥肌を悪化させる原因となるんです。

 

赤ちゃんはとにかく、大人では考えられないようなことが原因ですぐ肌が荒れてしまったりするもの。とってもとっても敏感なんです。

 

 

 

★オススメのケア方法は?

 

赤ちゃんの肌を守ろうと思ったら、まず赤ちゃんの肌を清潔に保つところから始めてください。
よだれや汗などはこまめに拭き、赤ちゃんの肌の乾燥を防いで下さい。
加湿器などを活用しながら、丁寧にスキンケアしてあげるといいですね♪お風呂上がりなどは、特に入念にクリームを塗ってあげてください。

 

オイルやローションなどでもいいのですが、アトピスマイルなど乾燥肌用クリームなども、保湿力が高いのでオススメです。

 

お風呂上がりのスキンケアとしては、水分を完全に拭き取ってしまわないで、軽くポンポンと拭いた後にクリームを伸ばすと、伸びもよく全身に塗りやすいんですよ?♪

 

赤ちゃんが乾燥肌で辛い思いをすると、一緒になって辛い気持ちになってしまうのが親というもの。

 

お互いのためにも、赤ちゃんのスキンケアを頑張ってくださいね♪

 

アトピスマイルの口コミが気になります