遺伝しやすいアトピー性皮膚炎は保湿で防げるかもしれない?!

親から子へ遺伝しやすいといわれるアレルギー性疾患。

 

それは絶対なのでしょうか?また、なにか予防策はあるのでしょうか?

 

 

★アレルギー性疾患は必ず遺伝してしまうの?

 

遺伝的要素が関係なくアレルギー性疾患にかかる確率は約20%で、

 

残り約80%はアレルギー性疾患を持った親から子どもへ遺伝して発症してしまうようです・・・。
必ずしも・・・!と絶対的なものではありませんが、やはり遺伝しやすい疾患であるということは明白ですね。

 

 

もちろん発症しないことが一番ですが、もし我が子がアレルギー性疾患を発症してしまったら?
遺伝してしまったものは、お子様とうまく付き合っていく方法を探していかねばなりませんが
生後、育ってゆく環境でなにかしらの原因でかかる可能性もあるアレルギー性疾患。

 

アレルギー性疾患もさまざまな種類がありますが、私自身アトピー持ちです。
両親はまったくアレルギーはないのに、とよく言われました(苦笑)

 

そんなアトピー、大人になって落ち着くまでは食べ物も食べれるもの食べれないもの制限があり、つらい思いをよくしたのを今でも覚えています。

 

これを何か予防できる方法があるのなら・・・?親としては試さないわけにいきませんよね!
今回はアレルギー性疾患の中の一種、アトピーの予防法を発見したのでひとつ紹介したいと思います!

 

 

★こまめな保湿でアトピーを防ごう♪

 

生まれたての赤ちゃんのふっくらとしたきれいなお肌。

 

実は大人の3分の1ほどの厚みしかない皮膚で、その分水分の蒸発スピードがとても速いんです!

 

 

そんなお肌を守るため、生まれてからすぐに保湿を続けることで、アトピーの発症率を3割もさげることができちゃうんですよ♪とても嬉しいですよね♪
最近では赤ちゃんにも使えるやさしい保湿剤もたくさん売ってあるので、それをこまめに塗ってあげてください。とにかく保湿・保湿・保湿です!

 

 

お母さんの保湿にもなり一石二鳥ですね(笑)
もし、万が一アトピーになってしまっても保湿をしてあげることで症状を緩和することができるので根気よく続けてあげてくださいね!

 

 

保湿がいいとよく耳にはしますが、アトピーの予防にもなるなんて・・・。
私自身外出時にもこまめに保湿ができるようバッグに保湿剤をいれてます・・・☆

 

小さなお子さまが少しでも健やかに育ってくれるよう頑張りましょう!