普段の食事もアトピー性皮膚炎に関係していた!?

アトピー性皮膚炎はまだ原因が解明されていない分、様々な原因でアトピーが出ている、と言われています。原因の1つとして挙げられているのが「食事」です。

 

普段何も気にせずに食べている食事でさえも、アトピーを悪化させる原因となってしまう事があるんです。では、アトピーを悪化させないために注意しなければならないことはなんなのでしょうか?

 

 

 

★アレルギー源は出来るだけ避ける!

 

アトピーとアレルギーは実は切っても切れない関係性のもの。
人によってアレルギー源は様々ですが、一般的にアレルギーを引き起こしやすいと言われている食材、例えば牛乳や卵、蕎麦、バナナなどは体が反応しやすい食材なので、注意が必要です。

 

普段は食べる事が出来るのに!といった場合でも体調が悪かったり免疫機能が落ちていると急にアレルギー反応が出ることもあるんです。

 

さらに添加物の多いカップ麺やコンビニ弁当は食べすぎると体にいいものではありません。
免疫力が落ちてしまう可能性もあるので、結果的にアレルギー反応が出やすくなりアトピーが悪化してしまうことも…。

 

 

 

★添加物や保存料、着色料に注意。

 

世の中の食事が便利になった分、アトピー性皮膚炎の患者数は激増しました。
食生活が欧米化し、動物性食品を多く取るようになったことも影響していると言われています。

 

出来るだけ保存料や着色料を使わずに作られたものを、添加物なども避けて、和食を中心にすることでアレルギー源を少し減らすことが可能です。

 

和食はアトピーの症状を落ち着かせる効果がある、と噂されているほど実は体にいいもの。
実際は、和食がアトピーの症状を落ち着かせている、というよりも、それまでの食事がアトピーを悪化させる食事内容だった、といったほうが近いようですが…。

 

それでも、食事を和食に変えるだけで辛いあの症状から少しでも解放されると思うと、やってみる価値はありそうですよね!

 

アトピー性皮膚炎の症状を食事で変える!是非試してみたい療法です♪

 

アトピスマイルの口コミが気になります